沿革

1978年

計装化シャルピー衝撃試験機製作

1980年

株式会社米倉製作所 設立

1983年

GPIBインターフェイスによる制御開発

測定制御プログラム開発

1985年

高温材料試験機開発

1986年

大手鉄鋼メーカー対応品質管理データ収集システム製作

1988年

衝撃試験機販売 累計900台達成

1989年

FRP計装化落下衝撃試験機製作(通産省機械技術研究所より技術支援)

1990年

シャルピー式衝撃試験機のパラメータ設計開発で米国品質工学タグチメソッド金賞受賞

1992年

大阪市此花区島屋に本社を移転

1994年

大手ゴムメーカー製造ライン対応品質管理システム製作

1998年

高温観察引張CATY-T3H開発

2000年

小八木規之社長就任

2002年

AEによるプレス金型劣化度評価装置開発

2003年

燃料ポンプ性能検査装置開発

2005年

横浜営業所を開設

2009年

J-PARC用「匠」製作

2010年

全自動大型シャルピー製作

2011年

代表取締役会長 小八木規之就任

2012年

ミニマルファブ技術研究組合に加入

2013年 
大阪府による経営革新計画承認 
2015年 

ものづくり助成金により、クリーンブースおよび真空機器設置

 

平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業) 採択

2017年

経済産業省主催「はばたく中小企業300社」に選出

 

代表取締役社長  齋藤幸雄 就任

代表取締役副社長 高橋穣  就任

 

 

 

 

電子式万能試験機開発

電子式万能試験機「CATY」販売開始

計装シャルピー「CHARPAC」 シリーズ化で販売開始

ファインセラミックス用衝撃試験機開発

CATYシリーズ機販売 累計350台達成

IITMシリーズ開発

AE事業開始

高温観察装置MTSシリーズ販売開始

大手自動車部品メーカー対応ライン設備納入

JQA品質マネジメントシステム取得

FP性能ベンチ製作

高温引張CATY-T3H CE認定取得

取締役社長 大西康弘就任

中国「陜西午禾科技有限公司」と代理店契約締結

Copyright (c) YONEKURA MFG Co.,Ltd. All Rights Reserved.